インテリア/建築専門雑誌の取材で、ワルシャワ内のレストラン・ショップを数十軒まわって来ました。鮮明で綺麗な写真はプロに任せて、個性的な内装のレストランをちょっとだけ紹介しましょう。(teksty tylko po japońsku)

POLKA(ポルカ)
旧市街の王宮のすぐ右横にあるポーランド料理のレストラン。
パステル調で描かれたお花がとってもラブリー。そしてこのお花のシャンデリア!
シンプルまたはアバンギャルドな雰囲気のカフェやレストランがが流行っている中、ここまで少女趣味なものはあまりないと言っていいでしょう。

KOSZYKI(コシキ)
20世紀初頭に作られた市場の一部を利用して営業されているバー。2階と横のテントは市場になっていて、新鮮な野菜類のほか保存料等無添加のハム・ソーセージ、昔ながらの製法でつくられたパン、チーズやお菓子類が購入できます。ここの内装は社会主義時代の面影をそのまま残す、愛想のない感じのする白タイル張り。この社会主義的デザインも、今ワルシャワで流行っているもののひとつです。

Warszawa Wschodnia(ワルシャワ・フスホドニア)
ヴィスワ川右岸のプラガ地区にある、以前ウオッカ工場だった敷地の一角にあるレストランです。このあたりは最近おしゃれなクラブやインテリアショップなどが並び始め、有名人やセレブリティと呼ばれる人たちが多く集まっています。取材時にもポーランドの女性歌手が食事をしに来ていました。さすが工場の一角だっただけあり、天井も高く中は広々として開放感があります。オープンキッチンになっているので、コックさんたちが仕事をしているところが見られるのも楽しいです。隅にクジラのような形をしたWhaletone社の巨大な電気ピアノがあり、(良くも悪くも)異彩を放っていました。

Kluska Polska(クルスカ・ポルスカ)
Szpitalna通りを歩いているときにたまたま見つけたお店です。窓の外から見える内装は「何の冗談!?」と思ってしまうようなもの。(そう思ったのは私達だけではないようで、道行く人たちも足を止めて窓から中を覗き込んでいました)店内いっぱい、テーブルと椅子に至るまで絵が描いてあるのですが、それはポーランドの田舎をイメージしたもので、すみっこにはお座りしている犬が描かれていたり、床一面に猫やニワトリの足跡が描かれていたり、とにかく壮観のひとことでした。ちなみにここはポーランドの代表料理、餃子にそっくりなピエロギの専門店でした。

他にも旧市街の老舗レストランや高級菓子店を取材しました。昔は高級店以外はどこもわりと似たような内装のレストランが多かったものでしたが、個性的でかわいく、なおかつ気負わずに入れる場所が増えてきたのは嬉しいことです。

  • Polka

  • Polka

  • Koszyki

  • Koszyki

  • Warszawa Wschodnia

  • Warszawa Wschodnia

  • Kluska Polska

  • Kluska Polska

  • Kluska- ikona